« FreeTrain プラグイン 3 | トップページ | ディズニー検定 6 回答編 »

2008年3月 2日 (日)

タワー・オブ・テラー(シリキ・ウトゥンド)

久しぶりのタワテラのキャラクター紹介。今回は、失踪したハイタワー3世最後の遠征のときに手に入れた、呪いの偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」を紹介します。

前回の記事でやるといっていたスメルディングとストラングについては次回にやります。

それではどうぞ!

注意:ネタバレを含んでおりますので、一部文字を反転させてお読みください。

さあはじめましょう。

まず、この偶像のなにからいきましょうか???

じゃあまず、この偶像が作られてからどれくらいたっているかからいきます。

それは・・・なんと300年たってるんですね。

そして、この偶像の中には、古代のいたずら好きのシャーマン、シリキの遺骨が納められているそうです。そして、この偶像にはそのシリキとかいうシャーマンが取り付いているそうです。

そして・・・えーと

めんどくせーーーーーーーーー!!!!!!bombおい

とりあえずわかっている事をまとめます。

・古代のシャーマン、シリキの遺骨が納められており、この偶像にはそいつが取り付いている。

・偶像が出来てから300年ほど経過している(台座などはあとから付け足されたものらしい)

・部族の間を渡り歩く(?)偶像

・おきてがあり、それを守ればのろいではなく、幸運をまねく。

・逆に、おきてを守らなければ、なにか災いが起こるらしい。

そのおきては、

崇拝する、閉じ込めない、火を近づけない、崇拝する、恐れるなどで、特に重要なのが、最後の2つ。

・掟を守らなかったために、ぶぞく全体が滅びた事もあるらしい。

 

さて、ハイタワー3世は1899年の7月ごろにこれをムトゥンドゥ族(このあとにほかの部族に攻撃されて滅びた)の村で手に入れました。そしてしばらくたったとき、一筋の緑色の落雷がとあるカヌーにおちたとかおちなかったとか。

その後、NYに戻った彼は、パーティーの最中に、この偶像を最上階の自室に飾ろうと、エレベーターに乗り込みました。その時に彼が言った、名言(?)をご覧ください。

ス「ご主人様、敬意をおはらいください!」

ハイタワー3「ばかげた呪いとやらの正体を、見てやろうじゃないか…」

といいながら、シリキ・ウトゥンドゥの頭に葉巻を擦り付けました。

そのご、エレベーターの戸が閉まり、最上階の自室に向かいました。

 

15分後・・・

ここからは文字を反転させてからお読みください。

最上階についた彼は、シリキ・ウトゥンドゥを馬鹿にします。

名言その2

ハイタワー3「はっ、呪いの偶像だと・・・?」

シリキに変化が・・・

ハイタワー3「シリキウトゥンドゥの目が!!!うわぁぁぁ~~~!!!!!」

そのままエレベーターにたたきつけられた彼は、そのまま落下して、失踪したとさ。

アディオス!!ハリソン・ハイタワー3世!!!

|

« FreeTrain プラグイン 3 | トップページ | ディズニー検定 6 回答編 »

アトラクション」カテゴリの記事

アメリカンウォーターフロント」カテゴリの記事

キャラクター」カテゴリの記事

TDS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484852/10860970

この記事へのトラックバック一覧です: タワー・オブ・テラー(シリキ・ウトゥンド):

« FreeTrain プラグイン 3 | トップページ | ディズニー検定 6 回答編 »