ミステリアスアイランド

ネモ船長の脅威の秘密基地、TDSミステリアスアイランド関連の記事。

2008年5月26日 (月)

センター・オブ・ジ・アース 2

今日はベースステーションで聞けるクルーたちからの通信を少し紹介しましょう。

ただ、順番はばらばらです。

さらに、実際よりも種類が少ないです。  

 

WARNING!

この先ネタバレあり。

それでも見る人は、文字を反転させてみること。

  

ク「ベースステーション、応答願います。」

ク「ベースステーション、こちら風のトンネルでは非常に強い火z…火山活動を観測しております。収まるまで出発は…控えたほうがよいと思われます。指示を待ちます。」

ク「こちら巨大きのこの森では報告するようなことはおきておりません。」

ク「ベースステーション、こちら風のトンネルでは断続的に強い火山活動を観測しております!科学者たちを退去させてください!!!ベースステーション、聞こえてますか?!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

センター・オブ・ジ・アース

旅つながりで、地底旅行を紹介します。

 

アトラクション名:センター・オブ・ジ・アース

タイプ:次世代ライド&シミュレーター

所要時間:約3分

平日の待ち時間:約15分~30分

休日の待ち時間:約30分~1時間

FP:○

スポンサー:第一生命

スポンサーラウンジ:○

アトラクション入口:ミステリアスアイランドの洞窟の中

利用制限:117センチ未満、3歳未満は乗車できない

定員:6人×3

ストーリー:ネモ船長が発見した地底世界を、地底走行車にのって探検しよう!!!

 

このアトラクションの設定では、ゲストは、優秀な科学者としてネモ船長に招待されたということです。

まずは、テラヴェーターで地底800メートルのところにあるベースステーションまで降ります。

 

そこで地底走行車に乗り込み、水晶の洞窟、巨大きのこの森などを探検し、戻ってくるというツアーでしたが…

そこで終わらないのがディズニーです。

突然の火山活動で地底走行車は予定していたコースからおおきくはずれ、気持ち悪いところを走行したり、岩場を走行して○○○○に撃たれて制御不能になったあと…

 

続きはじぶんで体験してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

JOURNEY TO THE TOKYO DISNEY RESORT(4月26日 1 TDS編)

4月26日、長野ではなく舞浜に行きました。

 

いつもは、1日に片方のパークにしか行きませんでしたが、

 

今回は初めて2パークを往復しました!!!

 

 

家を出たのは、聖火リレーの開始セレモニーがちょうど始まったときで、舞浜に着いたときには9時を過ぎていました。

 

まずはTDSへ…

 

入場したとき、TDSマリタイムバンドが演奏してました。

ミッキーマウスマーチを演奏していました。

Cimg2870   

 

演奏終了後、退場するマリタイムバンドをストーカー(笑)

  Cimg2879

 

 

TDSも25周年をお祝い中

 

まずはセンター・オブ・ジ・アース(20分待ち)へ

このとき、キャストさんがこんな事を言っていました。

  

キャ「センター・オブ・ジ・アースは、ハイスピードで地底を急上昇、急降下、急旋回する、ジェットコースタータイプのアトラクションです。」

 

ジェットコースター?!

 

これ、ジェットコースターじゃないだろ?!

第一ライドにエンジンがついているし…

…それに、もしもこれがジェットコースターだったら、インディーもジェットコースターだぞ!!

 

…と、心の中でほざいてました。

 

地底JOURNEYをした後、遠いアラビアの国までの長い長いたびに出ました。

 

3分間の旅ですが(笑)

 

Cimg2883  

 

 

 

マジックランプシアターへ

 

この日のシャバーンはブラビィッシモ!でした!!!

 

なので、自然と「,2,4!!!」といえました。

シャバーン「はい、えー、元気がいいのはいいのですが…4とか25とかやめてくださいね!

今度このシャバーンに当たったら、最初からハイテンションで、1234とか、125とか123ダーとかやってみますね。

 

今度はジャングルへ。食料品として、ユカタンソーセージドックを購入しました。

 

そして、インディのFPをとり、レイジングスピリッツへ

 

シングルライダーで2回乗っときました。

 

このとき、あるキャストさんと友達になりましたよ。

 

その後、そのキャストさんと会うと、

 

キャ「また来てくれたのー!今日は何回目???」

ホリタケ「え~と…、○回目ですね。」      

キャ「いつも乗ってくれてありがとうね。」

という会話になり、もしも入口のところにその人がいたら、顔パスでシングルライダーに案内してくれます(笑)。

 

時計を見ると、あと30分ほどで、プリマヴェーラがはじまる時刻になってしまいました。

 

さっきのキャストさんに、「またくるね、アディオス!!」と挨拶したあと、トランジット・スチーマーラインへ。

 

アメリカンウォーターフロント行きに乗り、リドアイルの後で見ました。

 

感想としては、去年のプリマのほうが好きですね。

それに、今年のプリマは3を連呼しすぎですし…

まあ、なんだかんだいっても好きなショーですね、プリマヴェーラは…。

 

終わった後、エレクトリックレールウェイで移動、インディにシングルライダーで乗りました。

 

運よく1列目の一番左の席!!ちゃんと運転しましたよ。

あれは固定されているとわかっていても、右に左に回したくなりますよね。

 

そしてまたレイジングへ。

 

顔パスでシングルライダーへ(笑)

 

降りた後、「今度はもっと利用するからね~!。それでは、アディオス!」と知り合ったキャストさんに挨拶しときました。

 

そして、シンドバットと航海をして、TDSステーションへ

 

リゾートラインの1日フリーパスをつかって、ランドに行きました。 

 

続く…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

海底2万マイル 秘密情報と基本情報

はい、初めて取り上げるアトラクション、海底2万マイルです。

このアトラクションは、ネモ船長の開発した潜水艦、ネプチューン号(ノーチラス号よりも深いところまでいける6人乗りの調査用小型潜水艦)の志願クルーになって海底調査を行うというアトラクションです。

 

アトラクション名:海底2万マイル

タイプ:吊り下げ式ライド

所要時間:4分くらい???

平日の待ち時間:約15分~30分

休日の待ち時間:約15分~1時間

FP:○

シングルライダー対応

スポンサー:コカコーラ

スポンサーラウンジ:○

アトラクションの入口:ミステリアスアイランドのらせん状の通路

利用制限:基本的に無し

定員:6人×3

 

ストーリー:ネモ船長の開発した潜水艦の志願クルーとなり、サーチライトを使って海底を探索しよう!!!今回の調査の内容は、"高度な進化を遂げた知的生命体が生息するかどうか"だ!!!

 

 

このアトラクションの座席配置は、前に2席、左右にそれぞれ2席ずつです。席によって景色や仕掛けとか見え方が違いますので、時間があれば3回のってみて見比べてみてください。それと、毎回新たな発見がありますよ。

ただ、このアトラクションは1時間も2時間も待つようなアトラクションではありません。

FP対応=人気アトラクション=おもしろい!!とか思っているでしょうけど、このアトラクションは、絶叫系ではありません。基本的に探索をするようなアトラクションなので、冒険が嫌い、探索とか調査とか嫌い…とか言う人にはお勧めできません。

 

おまけ:その1

ある日の海底2万マイルの待ち時間表示ミス

Cimg0980  

 

 

 

さて、最後に重大なニュースがあります。

ついにやりました!!!

ネット上でも入口がどこにあるのかわかりにくい海底2万マイルのラウンジの入口を

発見しました!!!

 

2  

 

 

↑拡大してください...

丸がついている付近の洞穴の中に入口があります!!!

入り方はシラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

センター・オブ・ジ・アース

今日はTDSの人気アトラクション、ジャーニー・トゥ・ザ・センター・オブ・ジ・アースをやります。

意味は、地球の中心の旅=地底旅行です。

 

このアトラクションは、TDSの中心に聳え立つ高さ51メートルという火山の中にあります。

ただ、入口が火山の中にあるだけで、アトラクションの乗り場は地底800メートルのところにあります。実際には入口より上に乗り場がありますけどね。

 

そして、地底奥深くにもぐっていき、ゆっくりのんびりと地底をめぐるツアーです。

しかし、乗り場付近では「非常に強い火山活動を感じております!」というかんじの声が聞こえてきます。・・・ちょっと心配ですね。

体験時間  約3分

定員     6人

撮影     テラヴェーター~出口まで撮影禁止

スポンサー 第一生命

ラウンジ   あります。

 

このアトラクションの撮影禁止の理由は、テラヴェーター乗車前にネモ船長が説明してくれます。その理由は・・・

続きを読む "センター・オブ・ジ・アース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)