ウエスタンランド

西部開拓時代のアメリカ、TDLウエスタンランド関連の記事。

2008年11月30日 (日)

クリスマスのショー

今日は、クリスマス限定のショーの中で、管理人の鑑賞したショーについて紹介します。

 

東京ディズニーランド「クリスマスファンタジー」

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/xmas2008/tdl/index.html

 

・キャッスルショー「ミッキーのジョリースノータイム」

久しぶりに行われるクリスマスの大規模キャッスルショー。

ステージもプラザ方面に大きくせりだしているため、中央鑑賞エリアの座席数は少なくなっており、当選する確立は少なめ。しかも、当選しても場所によってはショーがまったく見えない。

 

プルートがミッキーのそばを離れ1匹で雪の国に迷い込むところからショーの本編は始まります。

その後、プルートを追いかけてきたミッキーたちもやってきて、雪の国で遊び始めました。

そこには、たくさんの雪だるまもあり、そのなかに、ミッキーそっくりのだるまがひとつありました。しかも、動き始めました!!!

その雪だるまは、「スノーマウス」といい、雪の国のエルフ達も紹介しました。

ミッキーたちは、スノーマウスや雪の国の住人達と遊び始め、ダンスパーティーを開きます。

ダンスパーティーが熱気で包まれていくたびに小さくなっていくスノーマウス。

ついには…

このあとにおこるクリスマスの奇跡やショー中に見ることのできるパフォーマンスは、実際にショーをご覧ください!

※中央鑑賞エリアでご鑑賞するには、入場券が必要です。入場券は、スペース・マウンテン横のトゥモローランドホールにて抽選にて配布しております。詳しくは、Tokyo Disney Land Todayかホームページをご覧ください。

 

・クリスマスグリーティングパレード「スティッチプレゼンツ”ハッピーホリデー・グリーティング”」

今年の昼のクリスマスパレードです。

曲は、数年前のクリスマスパレード、ディズニー・クリスマス・ドリームス・オン・パレードの曲+赤鼻トナカイです。

目の前を通り過ぎる時間は約2分、出演キャラクターは「イケバンビ(命名:怒鳴るド伍長さん)」や雪だるま、スティッチ(試作品626号)とエンジェル(試作品624号)etc...

ハワイアンな曲調に、スティッチ流のクリスマスツリーも。

スティッチ(もしくはエンジェル)ファンにはたまりませんね。

 

このほかにも、キッズ向けのショー、スーパー・ドゥーパー・ジャンピンタイムや、TDLエレクトリカルパレード・ドリームライツもクリスマスバージョンに!

 

・アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド ベリー・メリー・ホリデー」

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/event/verymerry2008/index.html

おなじみのアトラクション、「イッツ・ア・スモール・ワールド」がクリスマスバージョンとして期間限定で登場します。

いろいろな国の子ども達がそれぞれの国の言葉でクリスマスのお祝いをします。

建物も雪の結晶などが出現し、内装もクリスマス風に。音楽も「ひいらぎ飾ろう」や「ジングルベル」など、おなじみのクリスマス・ソングが追加され、子ども達のクリスマスの世界が広がります。

 

・アトラクション「ホーンテッドマンション ホリデー・ナイト・メアー」

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/event/nightmare2008/index.html

999人の亡霊のすむ、ホーンテッドマンションにもクリスマスはやってきます。

骸骨やパンプキンなど、ちょっと変わったクリスマスデコレーションをしたのは…

映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」に登場した「サンディ・クローズ」に扮したジャック・スケリントン。

ハロウィン風クリスマスをお楽しみいただけます。

さあ、肩の力を抜いて、ごゆっくりとおくつろぎください…。

 

・アトラクション「カントリーベア・シアター ジングルベル・ジャンボリー」

普通熊は、冬の間、冬眠をしますよね。

カントリー・ベア・バンドのメンバーは、クリスマスや雪遊びが大好きで、寝るのも忘れてみなさんにクリスマスの楽しみ方を紹介しようとジングルベル・ジャンボリーをかんせいさせました。

おなじみのクリスマスのリズムに合わせて、手拍子、足拍子を忘れずに!

 

東京ディズニーシー「ハーバーサイド・クリスマス」

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/xmas2008/tds/index.html

 

・ハーバーショー「キャンドルライト・リフレクションズ」

夜のハーバーで行われる、ツリーの点灯式です。

水上に灯る無数のキャンドルの光が、ロマンティックな夜を演出します。

ショーがスタートすると、真っ暗なハーバーに、いくつかのツリーがどこからともなく現れます。しばらくすると、キャンドル船が登場し、ハーバーはだんだん明るくなっていきます。

フィナーレには、ハーバーの中央に巨大なツリーが登場します。

そして、日本語版「ウェルカム・トゥ・クリスマス」という曲をミッキーたちの手話を交えて歌い上げます。

Welcome to Christmas(英語バージョン)は、21:00から20分おきに流れます。

  

・「ビッグ・バンド・ビート クリスマススペシャル」

人気のジャズショー、BBBもクリスマスバージョンとして公演されます。

おなじみのクリスマスミュージックが、ジャズ風にアレンジされ、ビッグバンドの生演奏でお届けいたします。

ミッキーとミニーの華麗なダンスや、シンガーの歌に答えるように降ってくる雪、そして、ミッキーのドラム演奏も!!!

35分間のクリスマスソング・ジャズショー、ぜひ、ご覧ください。

 

・「オーバー・ザ・ウェイブ」

S.S.コロンビア号就航5周年を記念して始まったドリームクルーズ。

この時期は、内容を一部変更し、クリスマスの要素が組み込まれています。

 

そのほかにも、いろいろなクリスマスショーがあります。

 

 

・TDL,TDSパークワイド「クリスマスウィッシュ・イン・ザ・スカイ」

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/event/christmas_sky/index.html

TDRの夜空を彩る花火も、この時期だけのスペシャルバージョンでお届けいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ハッピー・ハロウィーン!+1日 仮装3連発!

ハッピー・ハロウィーン!+1日

Cimg76451  

 

 

 

ハロウィン期間中、TDLでは全身仮装といって、全身ディズニーキャラクターになりきることのできる期間がありました。

今日は、そんな仮装を3ペアご紹介しましょう。

Tsbul  

 

 

ウッディ&バズ・ライトイヤー&リトル・グリーンメン

後ろには、スティッチ(と思われる)仮装をしている人もうつっています。

Cimg74731  

 

 

ホワイトマッシュルーム(多分…)

こちらは、声をかけようと思ったらすたすたといってしまったので、何のキャラクターかは不明ですが、多分キングダムハーツの敵キャラ(ハートレス)のホワイトマッシュルーム…かな?

Cimg76481  

 

 

 

最後は、今年のハロウィーンパレードでも大活躍のヴィランズ(悪役)、

アグラバーの元右大臣、ジャファーと、海賊船の船長、キャプテン・フックです。

ジャファーのほうは、朝からトゥモローランドをうろついていました。

本物と間違えるくらい怖かったです ガクガク(((゚Д゚)))ブルブル

…でも、優しい方でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月31日 (土)

ビーバーブラザーズのカヌー探検

今日は、TDLの人力アトラクション、ビーバーブラザーズのカヌー探検を紹介します。

 

アトラクション名:ビーバーブラザーズのカヌー探検

タイプ:ライド(100%人力カヌー)

所要時間:約10分

平日の待ち時間:約15分~45分

休日の待ち時間:約30分~1時間

FP:なし

スポンサー:なし

アトラクション入口:クリッターカントリーの奥地 アメリカ河の岸辺

利用制限:アトラクション入口の切り株に腰掛けて足が地面につかない方は利用できない。

定員:16人

アトラクション名:ウエスタンリバー鉄道

タイプ:ライド(蒸気機関車)

所要時間:約15分

平日の待ち時間:約5分~15分

休日の待ち時間:約15分~30分

FP:なし

スポンサー:タカラトミー

アトラクション入口:アドベンチャーランドの2階建ての建物(1階がジャングルクルーズ)

利用制限:とくになし

定員:48人×3両

ストーリー:ビーバー兄弟はある日、人間たちにもカヌー遊びの楽しさを知ってもらおうと思ってカヌー探検を始めました。

追加情報(提供:テツさん)

この兄弟が作ったダム「チカピンヒル」が大爆発を起こしたときに吹っ飛ばされた白樺を有効利用してカヌーを作ったそうです。

そして人間を雇ってアメリカ河の探検ツアーをはじめたそうです。  

 

このアトラクションは、男性キャストしかいないことで有名です。

しかも、おじさんから若者キャストまでみんなムキムキ…。

そして100%人力アトラクションで、パドルをつかってこぐので、腕をかなり使います。

 

さて、このアトラクションは、じつはある場所にあったアトラクションの乗り場を移したものなんです。

 

そのアトラクションとは…デイビー・クロケットのカヌー探検とか言う名前だったような…

ウエスタンランドにありました。

100%人力に変わりはありませんでしたが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

ビッグサンダー・マウンテン

  

19日午後修正

 

久しぶりにTDLのアトラクションやります。

今回は、ビッグサンダー・マウンテン(一部スペースマウンテン)をやります。

このアトラクションは、西部開拓時代の鉱山(廃坑)を駆け抜けるスリル満点のアトラクションです。

最高速度は45キロですが、なぜかいつも混んでいます。

なぜ混んでいるのか…スペースマウンテンと比べてみます。

 

まず、ビッグサンダーのほうは、開放感があります。

暗くて狭いトンネルを走っていくと急に外に出てきます。

これは、センター・オブ・ジ・アースと同じです。

 

最高速度も速いスペース・マウンテンはどうでしょうか

宇宙空間を走行するという設定ですが、暗闇の中にレールを支える鉄骨や壁などがどうしても見えてしまいます。

そのせいで、狭くて暗い場所を走行しておわりとなってしまいます。

 

つぎに、乗車時間を比べてみましょう。

まず、ビッグサンダー・マウンテンのほうは、4分と長めです。

いっぽう、スペースマウンテンはたった2,3分くらいで終わってしまいます。

 

次に、出発間隔と定員を比べてみましょう。

ビッグサンダー 約1分間隔  定員30人 1分間に30人乗せられる 10本出発させるのにかかる時間 10分

スペース     約30秒間隔 定員12人 1分間に24人乗せられる 10本出発させるのにかかる時間 5分

 

スペースは細かく列が動くのに対し、ビッグサンダーは一気に列が動きます。

 

最後に、ビッグサンダー・マウンテンで、僕が発見した事について

・夜は車輪が良くすべるのかどうかわからないが、完全に早くなっている

・先頭に④とかいてある汽車はほかのと比べると明らかに早いです。

・逆に、①がかなり遅いです。

・花火の時間に合わせて乗ると、きれいです・・・が、

運よく乗車中に花火が見れるのは1日5本程度なので、あまりお勧めできません。

さらに、トンネルの中に入ってしまうと、花火が見えません(泣)

そして、並んでいる途中でも見えません(大泣)

 

以上

| | コメント (2) | トラックバック (0)